媚 薬 比 較 表

勃起しない

勃起しない問題を抱えている方々の悩みは深刻です。こちらでは媚薬を掲載していますが、この手の繊細な問題についてはとても触れにくく、あまり真剣に書いたことがないのですが、私の周りにもそういった悩みを抱える仲間がいて、彼らが色々試して『これ、いいよ』と紹介してくれるものがあったので、掲載しています。

勃起しない理由


勃起しない理由の大元は、血行不良。年を取ってEDになりがちなのは、運動不足で血液がドロドロになるためです。殆どが健康的な問題。しかし、緊張などで勃起しないという気持ち的な問題もあります。こちらでは、前者の体質によって勃起しない問題を改善するためのサプリメントを掲載。

勃起しない原因


勃起しないのは、上記のような原因があることがわかりました。では、これらは治療薬を使わないと治らないのかと言われると、『人による』といった曖昧な答えにならざるを得ません。それは、人それぞれ体質が異なるためです。勃起しない原因が栄養不足や血行不良といった場合、お薬の前にサプリメントや運動で改善していくが定石です。

こちらの続きです。)

●L-アルギニンについて
アルギニンは、天然に存在するアミノ酸の一種で、体内で生成もされるため非必須アミノ酸に分類されます。しかし、加齢と共に充分な量が体内で生成されなくなってくるため、アルギニンを十分に摂取することで人間が若い時の状態に非常に近づき、健康面においても非常に効果的であるという研究結果が多数出ています。

【考察】アルギニンとL-アルギニン(エルアルギニン)の違いって?
アミノ酸には「D型」と「L型」の2種類が発見されています。L型は「天然型」で自然界に存在するものです。D型は「非天然型」とも呼ばれ自然界にはほぼ存在しないアミノ酸で、生理作用についてまだ不明と考えられています。アルギニンサプリに「L-アルギニン」と書かれていれば、天然型のアルギニンが使われているということです。

アルギニンは血流を改善し、疲労物質を強力に除去する!アルギニンは、代謝の過程で一酸化窒素(NO)が生産されます。一酸化窒素には血管を拡げる作用があり、この効果で血流の改善がみられます。

この作用で、男性の陰茎の増大やパワーアップに非常に効果が発揮されます。→【シトルリンの効果と摂取量】アルギニンとの同時摂取が最強ということです。

また、このアルギニンの代謝の過程で体内のアンモニアを取り除き、乳酸を代謝させる働きが行われます。スポーツ時のパフォーマンス向上や、疲労状態からの早期回復などの効果があることが確認されています。

つまり、
⇒アルギニンは摂取するだけで、成長ホルモンの分泌を促進する。

アルギニンは、脳下垂体に作用し成長ホルモンの分泌を促進してくれます。成長ホルモンは、体内のタンパク質合成を促し、筋肉や骨の増強、疲労回復、怪我などの回復に役立ちます。成長ホルモンは大人になると年齢と共に分泌量が減っていきます。

ところが、アルギニンを摂取すると若い時の状態に体が近づくことから、非常に効果的とされています。

ホルモンを補うためには、外部から直接注入するという考えもあります。しかし、ホルモン剤の投与は体内でホルモンを作り出す器官が衰退してしまうという問題点があります。一方で、アルギニンを摂取して成長ホルモンの分泌を促すことは、安全であり、かつ素晴らしい結果も出ると多数の研究者が発表しています。

●アルギニンサプリの飲み方 1日約3g程度の摂取を目安に。
一般の成人男性に必要なアルギニンの摂取量は、WHO(世界保健機構)によれば一日に6~7gとされています。しかし、日本人の食生活は必要なアルギニンの6割くらいしか摂取が出来ていないと言われています。

セックス 勃起しない


セックスで勃起しない方のためのサプリメントを紹介しています。>>猛虎麗 R35には、百歳山参も含まれています。

★百歳山参・・・有効成分「サポニン」 1.05㎎/日(1日3粒目安)

百歳山参には、高麗人参の●倍(百凱王、オムニカのウエブ参照)のサポニンが含有されています。

★サポニンの効果
サポニンの効能としては、血液中のコレステロールを減少させたり、血栓を防ぎ、動脈硬化や脳血管の障害などの発生を低減させます。また男性機能の面では精子の量が増えるという効能があります。精子の量が増えるということは性交渉のクオリティを高める上でひじょうに重要な点です。バイアグラなどのED治療薬の力を借りてなんとか勃起することができ射精にいたったとしても肝心の精液の量が少ないと達成感や絶頂感はひじょうにお粗末なものになります。

その点、百歳山参などによるサポニンなどの有効成分の効能によって精子そのものの量を増やすので、勃起し射精するときの快感は何倍にも感じられます。また精液さえすぐに製造されるのであれば一晩のうちに再度の性行為を行うといった年齢を忘れさせてくれるような効能も期待できます。

サポニンには、強力な殺菌や抗菌作用があります。この働きから、免疫力を強化することが可能になり、風邪やアレルギー、ガンなどにも役立つと考えられています。

病気を直接治す成分ということではなく、免疫力を高めて自然治癒力を本来の機能に戻すと考えればいいでしょう。代謝促進機能も、サポニンの大きな役割の一つです。糖質や脂質の代謝を促すため、ダイエットには便利な成分です。

血管を拡張することで、血流をよくしてくれる作用もあり、血行がよくなることで全身が健康になり美容効果にも期待がもてます。

(サポニンを多く含む食品)
サポニンは非常に多くの植物に含まれており、代表的なものに高麗人参やジギタリス、キキョウなどがあります。ブドウの果皮やオリーブ、大豆、小豆などの身近な食品にも多く、普段接しないような植物ではナタマメやキバナオウギ、ムクロジ、トチノキ、エゴノキ、セネガ、カラスビシャクなどがあります。

お茶の葉や種子などにも含まれていますから、お茶を飲む習慣のある人は自然にサポニンをとれているといえます。特にサポニンが多く含まれている植物としては、高麗人参が挙げられます。
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|